タケ★マガ 

〜勝手気ままなデイリーマガジン〜
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

★スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

★S or M?

どの位振りかすら定かじゃないけど、銀座に行きました。
仕事でね。ナレーションっす。
Image220.jpg

ラジオCMは慣れてはいるけど、納得がいったためしがない。
いつも凹む。

この声め!
この無表現者め!
このていたらくめ!
この淫売め!

銀座の街をひとりSM野郎が歩いた記念日でした。
芝居マガ | permalink | comments(0) | -

★シモキタDE鑑賞2



芸術って何だろう?って、2万年に一回位考えます。
美しい絵画を見て綺麗だと思う。
美しいメロディーを聴いて心癒される。
素晴らしいダンスを見て惚れ惚れする。
琴線に触れる演技に泣く。
いろいろです。
だから、理解不能な絵画にも
騒音みたいなメロディーにも
華麗でもないダンスにも
バカバカしい演技にも、芸術というものは存在する。
と、思ってます。
なんでか?
それは、芸術にルールなど存在しないからと信じているから。
いや、ルールは個々の創造主が作るものと言えるか。

長い前フリですが、井上テテ率いる熱風隊の朗読劇『朗読プラズマ返し』を鑑賞。
朗読劇と軽演劇とレイブとコントのミックスな芸術!?
どう見るか、これまた人それぞれで判断基準は違うはず。
賛否両論あって当たり前で、否定よどんと来い!
でなければ、己の思うおもしろさを世に発信できるはずがない。
そんな、テテの頭の構造とルールを考えると、俺は「おもしろい!!」
としか言えないのである。
芝居マガ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

★シモキタDE鑑賞

20070514_141361.jpg
二村出向中の東京おいっす『Surprise GuestどっとCOME』を鑑賞。

芝居を見に行くと必ずタイトルの意味を考えます。今回の場合、「驚くべきお客様がどっと押し寄せる」ってトコか。

さて、どんな“とんでもない”人達が出てくるのかと思って見てました。

結婚式を数時間後に控えた一組のカップルがいる。そこは普通のホテルの式場。そこに普通の出席者は・・・ほとんど来ない。というよりまともな人間は少ない。
翻弄される婿と周囲の人達とのドタバタコメディー。

二村は勿論だけど、昔、共演経験もある役者仲間も出ている公演なので、敢えて言わせてもらうと、前半40分位の流れない雰囲気と、全体で感じられた意味不明な“間”が残念だった。後半にかけて持ち上がっただけに特に。
うち(Dotoo!)とも通じる毛色の芝居だけに、そんなことを思いました。
芝居マガ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

★芝居いろいろ


昨日は先週に引き続き、平川講師によるワークショップを受けた。
公演期間外の劇団稽古は、何ら責任感がなく自由な発想で臨めるのが嬉しいんだけど
その分、己のボキャブラリーと身体能力と創造力の欠如が浮き彫りになり、それはそれで
凹んだりしたりして・・・

「ローマは一日にしてならず・・・」
芝居は???? 
 ああ、やっぱおかしいようです。

昼間はフランケンズの石橋志保嬢出演の、劇団乞局『媚励(ビレ)』を、駒場アゴラにて
観劇。
世界感がおもしろい。舞台の創り方も独特。
途中から、芝居というよりインディーズで賞を獲った自主制作映画を観てる気分になった。
徹底して観客に媚びない芝居の運び方は、観る人によっては賛否両論があるはずだけど
そこには、団体と演出家のポリシーを感じられて好感が持てた。
そうそう、志保嬢は昨年の『暖かい氷河期』で、フィアンセを演じてもらった女優さん。
フランケンズでは見せない、ディープな味を出して良かったっスよ。おつかれさん!

人の性格や容姿はいろいろ。芝居の在り方もいろいろ。
己がナニをすべきか、ナニをしていきたいか。

よ〜く考えれば答えは簡単に見つかるハズ・・・・・・だよな?
芝居マガ | permalink | comments(0) | trackbacks(26)

★『お産と遺産』3日目

20070317_79366.jpg
“生もの”であるライヴな芝居は生きている。
お客様の目と声と反応により、カメレオンのごとく色を変えたりしてしまうんだなぁ〜って、実感した昨日でした。


そうそう、昨日は午前中からラジオNAの仕事があり、乗り換え途中の市ヶ谷のホームから見える釣り堀をパチリ。

平日の昼間なのに結構人がいます。

魚も“生もの”


はい、繋がりました。
芝居マガ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

★もうすぐよ

20070305_62920.jpg
生まれるわ、生まれるわよ〜!!! もうすぐ、芝居の神様が生まれるのよ。

みんな分かってる? 私が芝居の神様、そう神の子を産み落としたら、その時は・・・ホホホホホォォ−−


芝居の神よ、Dotoo!の輩に力を与えたまえ〜。
芝居マガ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

★オイ!!!

20070228_56148.jpg
「あ〜、かい〜な首んトコがよ。何でかってよ〜、オメ〜の芝居がよ〜、痒くさせるんだよ」

「もちっとキッチリやってくれよ、頼むぜ〜」


そんな表情にしか見れない、最近の自分の思考回路。

やばい。。。
芝居マガ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

★観劇した。

20070228_56158.jpg
POOL‐5の篠崎たかしが出演してる、「しゅうくりー夢」さんに出掛けてきました。

殺陣満載のシリアス活劇の中、たかしはコメディ班(?)としての役目を果たしておりました。

さて、うちも2週間を切りましたんで、そろそろエンジンをふかす為ガソリン入れなきゃ・・・


遅ッ!!!
芝居マガ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

★教訓

何度経験しても、芝居ってやつは一筋縄じゃいかんもんですね。
一方には己の理想とする姿があり、もう一方には己の現実が突き付けられる。

『頭で考えんな! 心で考えろ!!』
とは、芝居のイロハを教えてくれた先輩の一言。

紙にでも書いて部屋に貼っておくかな・・・
芝居マガ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

★Home Town

20070119_5056.jpg
昨年のDotoo!の舞台は一本。それ以外に客演として2本出演させて頂いた。今年、Dotoo!は2本控えている。
自分トコの本公演だから当然やる気は真摯なもので、ホームグラウンドだからこそ、よそ様んトコに出演した経験をうまく生かし昇華させたい!って常日頃思っているわけで。じゃなきゃ、客演する意味の半分位は無くなる気がしてしまうのさ。
しかし時間が経つと忘れてしまうのもよくある話しでね。
そんな時、便利な世の中は忘却の生き物を救ってくれたりする。今じゃどこの団体も公演毎にブログ付けてて、そこに書かれている文章を読めば記憶が呼び起こされて、その時の映像まで浮かんじゃう。
そうする事で感じたことや自分に言いきかしたこと、勉強になったと思った大切なトピックも、ふぁふぁっと頭にもたげてくれたりする。

ホームグラウンドに帰るのは実家に帰省する感覚で、つい気が緩んでしまいがち。どこでも平気で大の字で寝てたいみたいな。
しかし、所属劇団だからこその責任とかプレッシャーがあって、ヘタなものは創れないです。


卓郎さんの後輩でもある、きださん率いる「TEAM発砲・B・ZIN」が、今年15年目にして解散されるそう。芸達者な役者が揃う劇団だから、今後は各々活躍されていくと思うが、ホームグラウンドが無くなる一抹の寂しさは少なからず分かる。
4/13〜29日、本多劇場にて行われる最終公演は是非お邪魔したいと思ってます(大阪公演5/12、13有り)


そんなこんなで、今年も“実家”で暴れなきゃ!
鏡越し気合い入れて誓うのでした。
芝居マガ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)